取引ルール

自分に合ったトレードスタイルというのは、つまり、ルールを自分で決めることだ。
FXで一番大切なのは、マネージメント(資金管理)であることは言うまでもない。

この資金管理で重要になってくるのが「レバレッジ」ということになる。

これは、取引する会社選びに関わってくる。
というのは、レバレッジを投資家自身で設定できる業者とできない業者があるからだ。

レバレッジを一律で何倍という設定をしていて、一つの商品のようになっていれば、
投資家自身に選択の余地はなく、そのルールで取引しなければならない。

証拠金が潤沢に準備できる投資家であれば何も問題はないが、
数十万円でFXの取引をするのであれば、話しは変わってくる。
資金が少ない場合は、投資額によってレバレッジが変わる業者を選ぶべきだ。

取引コースでレバレッジは決まる

投資家側でのレバレッジ設定方法も、FX会社によって異なる。

たとえば、外為どっとコムでは、「2倍~20倍」の範囲内で設定できる。
もちろん、低レバレッジになるほど必要な証拠金は大きくなる。

あるいは、口座開設時に契約者が選ぶ「取引コース」によって、
自動的にレバレッジが固定される業者もある。

このように、一口にレバレッジ設定といっても、各社毎に方法は異なるので、
口座開設時には、よく確認して選ぶことをお薦めする。

レバレッジ設定は、資金のマネージメントを行う上で極めて重要なのだから、
トレーに踏み込む前に十分に検討して欲しい。

そうすることによって、必要以上にレバレッジを恐れたりはしないですむ。
あくまでもレバレッジは投資家にとって強い武器となるのだから。。。

外国為替証拠金取引(FX)の魅力に迫る!なぜ今外為投資なのか?日本の株は既に魅力を失っているのか?外貨を買う意味・メリットは?FX人気に迫る第二の外貨投資は?