HOME > CONTENTS > 相場の方向性を予測

相場の方向性を予測

FXでは、投資家自身のトレードスタイルを決めることが大切ですが、自信の取引スタイルが決まったら、
取引に必要なテクニカル分析で用いるチャートの種類や時間軸もおおよそ決まってきます。

肝心なのはここから。。
何をどのようにして使ったら、相場をよく見極められるのかという点です。

FXでは当たり前のことですが、相場が上昇するならば、安いところで買って高いところで売る(利食いする)、
下落するならば、高いところで売って安いところで買い戻す(利食いする)ことです。

それが易々とできれば苦労をしないのでしょうけど、
これを可能にするために「テクニカル分析」が必要になってくるのです。

相場の行く先を推測する

「相場が上昇するであろう」あるいは「相場が下落するであろう」という予測は、
相場の方向性を予測すると言うことで、為替相場とテクニカル分析の基本事項であり目的です。

相場の行く先が、上昇なのか下降なのかを想定できなければ、
売りでも買いでも、どちらの戦略を立てられません。

相場の方向性を分析するには、「トレンド系指標」に分類されるテクニカル指標を用います。

「トレンド系指標」には、トレンドラインや移動平均線、パラボリックSAR、
ディレクショナル・ムーブメント、インデックス(DMI)などがあります。

これらはすべて、チャート上に表示されている価格の集合体がトレンド
(方向性・流れ)を形成しているか、形成していないかを判断する道具となります。

これらのツールによって、相場の方向性を判断し、
「相場が上昇する」「相場が下落する」というように予測を立てるのです。

その日の売買方針を立てる

デイトレードでは、1日のうちに数回のトレードを行って、為替差益を狙うトレード手法です。

デイトレーダーは、その日の売買方針を毎日決めて、それに準じて売買を行います。

どの水準で買うのか(売るのか)、相場への参入基準を決め、そして、
どのくらいのレンジで利食いするのか、あるいは、思惑と反対に動いた場合は、
どの水準で損切りするのかを、ハッキリ決めて相場に挑みます。

そのためには、ファンダメンタルズと呼ばれる各国の経済指標にも目を向け、
前日の相場はどうだったかなどを分析して、その流れをくんで取引します。

デイトレーダーに限らずmチャート分析は欠かせない分析手法なのです。

FX会社でも、アナリストや元為替ディーラーなどによって、
”本日の相場予測”的な情報を、口座開設者に提供しています。

代表的なデイトレードの予測情報に、JFX株式会社代表である、小林芳彦氏による
マーケットショットがあります。
デイトレーダーの皆さんにとって、有益で心強いみかたになってくれるFXブログです。
FX初心者から中・上級者の投資家のみなさんに人気のブログです。

個人投資家を対象とした為替取引(外国為替証拠金取引)がここ数年で著しい伸びを示しています。為替取り扱い会社が金融庁への登録制になったことで、一時期400といわれた為替取扱業者は100余りととなっています。どの会社と取引するか、少し絞りやすくなったとはいえ、実際に取引するのは2,3社ですから、会社選びには慎重さが必要です。